ジャーナリスト39人とENGINE編集部員6名、計45人が、雑誌が創刊した2000年からの20年間で「一度は手に入れたい」クルマ20台を選び順位をつけた。選んだ20台についてと、「20年間のクルマをどう見てきて、この1台はどういう基準で選んだのか?」というテーマに答えてもらった。

■吉田由美(モータージャーナリスト)のいま乗っておきたい20台!

心の声に従って

実は私が「カーライフ・エッセイスト」として活動を始めたのが2000年なので「エンジン」と同じく今年20周年を迎えました。しかも「エンジン」創刊直後に2、3度編集部の電話番をしたことがあるという関りも。というわけで、私の20年の「カーライフ・エッセイスト」生活を彩ってくれた思い出の車や、純粋に今、欲しいと思っている車を「心の声」に従ってピックアップしました。

1位 ポルシェ718ボクスター

本当は最新型「ケイマン」がリストにあればケイマンですが、リストに無いので兄弟車の「718ボクスター」。私にとってケイマンは不幸な事故で手放すことになっため、永遠に乗りたい車No.1。その最新型のオープンカーは最強です。

2位 アルピーヌA110

フランス大使館で日本初のお披露目会の時、ブルー・アルピーヌ・メタリックに一目ぼれ。キュートなのにカッコいいエクステリア・デザイン、コンパクト・サイズで軽量、お洒落なインテリア、そして予想外の「音」に心を奪われました。

3位 アストン・マーティンDB11

私が大好きな映画「007」シリーズのボンドカーというイメージが強いアストン・マーティン。中でも「007スペクター」に登場した「DB10」の雰囲気が漂う「DB11」は、クラシカルでありながら優美でパワフル。私にとって360度美人。

4位 BMW i3

「観音開き」「サスティナブル素材」「ワンペダル・フィーリング」など、BMWのエポック・メイキング。時間がたっても古さを感じません。

5位 ミニ(2代目)

タイムレス・デザインの代表ミニ。エクステリアの「アイコニック・デザイン」はキープ・コンセプトですが、メーター類までいちいち可愛い。

6位 アバルト500/500C

フィアット500はポップで、アバルト500はスポーティ。小さなボディとパワフルなエンジンは、まるで小さなスポーツカーです。

7位 ポルシェ911(4WD、カブリオレを含むカレラ系すべて)/992(現行型)

1963年の登場以来、スポーツカーの象徴として君臨し続ける911はスポーツカーのベンチマーク。「世界一のブレーキ」で安心感、信頼感抜群。

8位 レンジローバー・イヴォーク(初代)

クーペ好きの私にとって、屋根の低いクーペスタイルのSUV「イヴォーク」の登場は衝撃的でした。イヴォークコンバーチブルも大好き。

9位 シトロエンC3(現行型)

エクステリアでサイドドアの下部分にあるエア・パンプはただでさえ可愛いのに、一つだけ赤にするとか、スクエア・モチーフも可愛すぎ。

10位 ルノー・カングー(現行型)

個性的なエクステリア・デザインに親しみやすさと抜群の使い勝手。手に入れたらイベント「カングー・ジャンボリ―」に参加したいのです。

11位 ランボルギーニ・ウルス

世界的なSUVブームの中、とうとうランボルギーニもSUV「ウルス」を導入。存在感はピカイチ、迫力満点。SUVでもスーパーカーを実感。

12位 ジャガーI ぺイス

ジャガー初のEV。全長に対してホイールベースが長く、全高が低めなので、SUVというより背の高いセダンという独特な雰囲気。

13位 レクサスLC

とにかくこの車に試乗したときは、振り返られました。そして先日、街で見かけたLCには私が振り返るという。LCにはオーラがあります。

14位 フェラーリGTC4ルッソ/GTC4ルッソT

フェラーリ初の四輪駆動で、フェラーリとしては珍しいシューティング・ブレーク・スタイル。私はこの車のリアのデザインが好き。

15位 ボルボV40

インパクトが強いのはXC90ですが、愛車にするならコンパクトなV40。是非新型モデルを!16位 マツダ6/アテンザ(現行型)日本車らしからぬ美しいデザインが魅力の大人のセダン。もう大人ですからセダンもアリ。

17位 マクラーレン720

パフォーマンスはもちろん、ドアが上に開く「ディヘドラル・ドア」もスーパーカーの証。

18位 日産GT-R/R35

2007年に発売されて以来、フルモデルチェンジをせずに改良し続けている「日本の宝」。

19位 ポルシェ・ケイマン(981)

私の20年間の中で公私共に強烈な記憶を残したケイマン。でも今からなら新型モデル希望。

20位 メルセデス・ベンツSLK(R171)

20年前、私が「カーライフ・エッセイスト」になった当時の愛車。SLKと共に新たな道。

文=吉田由美(モータージャーナリスト)

(ENGINE2020年9・10月合併号)