ジャーナリスト39人とENGINE編集部員6名、計45人が、雑誌が創刊した2000年からの20年間で「一度は手に入れたい」クルマ20台を選び順位をつけた。選んだ20台についてと、「20年間のクルマをどう見てきて、この1台はどういう基準で選んだのか?」というテーマに答えてもらった。

■今尾直樹(自動車ジャーナリスト)のいま乗っておきたい20台!

スポーツカーに乗りたい

2001年の「9.11」から世界は戦時体制に入った。SUVの流行は、漠とした不安によるものではないか。ニッポンはそこに「3.11」が重なった。坂の上の雲を眺めれば、次は下るのが道理である。問題は07年に発明されたiPhoneがバーチャル空間を巨大化し、いまや自動車が走るスマホになりたがっていることだ。スマホならあるのに。こんなときだからこそ、私はスポーツカーに乗りたい。

1位 TVRタスカン

英国のスペシャリスト、TVRが1999~2006年に製造した、世にも野蛮なスポーツカー。無謀にも独自開発した直6を1100kgの軽量ボディに搭載。電子制御と耐久性とは無縁の、パワーと爆音、レスポンスと振動、興奮と危険の塊。

2位 ロータス・エキシージ(2代目)

2代目エリーゼのトヨタ製1.8L直4にスーパーチャージャーを装着、脚を堅めた戦闘エリーゼ。1トンを切る超軽量ボディに221ps、セミ・スリックを履いてモーレツに速かった。長期リポート車として1年担当した私は幸福でした。

3位 ポルシェ911GT3(996後期型)

サーキット走行を前提とするセミ・レーシング仕様の996。997前期型もよいけれど、996GT3(前期型)で八幡平を走り回った個人的思い出ゆえに。911GT1のクランクケースを使った3.6L NAを6MTで。あの日に帰りたい(涙目)。

4位 フェラーリ458

おそらく跳ね馬最後のNAのV8ミドシップ。キレッキレのハンドリングとエンジン、極上の乗り心地。ベラ・マッキナ! これぞイタリア。

5位 BMW M3(E90)

F1由来の5L V10から2気筒落とした超高回転型4L V8を搭載。その切れ味やカミソリのごとし。エンジン屋の真骨頂。中古車の買い時カモ。

6位 ベントレー・アルナージ

VW傘下で6.75L V8OHVが復活! これを搭載したアルナージは英国の伝統とドイツの技術の幸福な結婚だった。自動車税がなければなぁ。

7位 アウディR8(初代)

ランボルギーニ・ガヤルドのアウディ版。V10のあちらに対して、V8のR8はより軽快で運転しやすい。往時ニュルを走って感激した。秀作。

8位 ジャガーXK(2代目)

XJに次いでアルミ・モノコックを採用した2+2の優雅で上品なスポーツカー。軽量ボディにV8、しなやかな脚を持つ。いまなら買えるカモ。

9位 マクラーレン720

カーボン・モノコックのスーパーカー! 富士スピードウェイを570Sでカルガモ走行中、前を走る720Sの後ろ姿に惚れた。カッコイイ!

10位 ミニ(初代 BMW参加で復活後)

痛快な操縦性とレトロでモダンなカタチをもつポストモダンなMINI。EU誕生後の英独結婚ブームが生んだ1台でもある。離脱以後が心配。

11位 レンジローバー(3代目)

BMWが開発した元祖高級SUV。BMWの4.4L V8を搭載、よりモダンで快適なツアラーに。それだけに距離が延びている(中古車の話)。

12位 トヨタ86

三河の企画で実現した上州製FRスポーツ。富士ショート・コースで乗った後期型は低重心と正確な6MTが○。86GRも高いけどヨカッタ。

13位 日産GT-R

13年目の国産スーパーカーはなお魅力的。聖地ニュルでのテストを見学に行き、その仕事ぶりに敬服した。GT-Rはサムライがつくっている。

14位 アルピーヌA110

ゴーンと共に去りぬ、の可能性もある復活版アルピーヌ。252ps、1100kgで約800万円。順位が低いのは買えそうもないから。諦めるな、俺。

15位 ルノー・ルーテシアR.S.V6(2代目 ミドシップ・モデル)

小型FF車に3L V6を搭載したラテンなミドシップ。荷室はないけど、よきツアラーだった。

16位 アルファ・ロメオ・ジュリア

アルファひさびさのFRセダンはマジメだった。でも、乗れば納得。マジメが一番。祝110周年。

17位 マツダ・ロードスター(ND現行型)

知っている味なのに、乗ると新鮮。人馬一体。歴代どれもよいけれど、現役に敬意を評して。

18位 スバル・インプレッサWRX STI(3代目)

カーボン屋根のコンプリート・カー「WRX STI tS」がヨカッタ。歴代WRXは全部ヨカッタ。

19位 三菱ランサー・エボリューションX(4代目)

WRCの承認用というジャンルをスバルとともに日本車でつくった。ランエボは全部ヨカッタ。

20位 フィアット・パンダ(2代目)

パンダ100HP、6MTでイタリアを走ったなぁ。小型車のMTは楽しい! お金もかからない!

文=今尾直樹(自動車ジャーナリスト)

(ENGINE2020年9・10月合併号)