いま着けたいのは、“物語” のある時計--。その興味深いストーリーを知るほどに魅力は深まるばかり。ここに現代の名品たちを主役にした珠玉の短編集を編んでみた。

トリック クロノメーター/ベゼルのローレット加工は、手動旋盤でひとつずつ丁寧に施されている。真ちゅうに銀の粉末をこすり付けて荒らしたダイアルのグレイン仕上げの繊細さは、手仕事ならでは。2001年に完成した自社製初の自動巻きCal.PF331を搭載。自動巻き。ホワイトゴールド、ケース直径40.8㎜、30m防水。税別220万円。

古代ギリシャ建築にある黄金比で形作られた円柱の台座から、ステップベゼルのインスピレーションを得た。そして円柱を取り巻く凹凸をモルタージュ装飾で再現し、リュウズにも応用した。

黄金比に基づくとされるパルテノン神殿は、女神アテーナーを祀る。その神像が握る槍を、トリックの針はモチーフとした。時針と分針の長さの比率や先端の形状など、すべて黄金比に倣ってデザインされている。

PARMIGIANI FLEURIER

休暇で訪れたマレーシアの海岸で拾った巻貝が、ミシェル・パルミジャーニに啓示を与えた。1970年代半ばから時計とオートマタの修復で名を馳せ、「神の手を持つ」と称賛された彼は、自身のブランドのファーストモデルのケースに、この巻貝から着想を得たフォルムを与えた。

黄金比とフィボナッチ数列とに倣う貝の螺旋構造は、傾けると平らに見える。この錯覚を応用し、ケースを実際より薄く見せる形状を考察したのだ。そして巻貝と同じく黄金比に基づく古代ギリシャ建築の円柱に範をとり、ベゼルに段差を付け、凹凸模様のモルタージュ装飾を施した。

かくして1996年に誕生したのが、メゾンのファーストモデル「トリック」である。「時計師になる前は、建築家を志していた」という彼は、以降、数学的に裏付けられた黄金比とフィボナッチ数列とを駆使し、美を織りなしてきた。

2017年に登場した「トリック クロノメーター」にも、彼の美意識が注がれている。モルタージュ装飾のステップベゼルを初作トリックから継承しながら、ラグはフィボナッチ数列に基づき設え直した。そして3日分を示す日付窓の大きさは、黄金比から導き出されている。自然界からそして古代建築から学びとった数学的に正しい美は、まさに普遍だ。

文=髙木教雄
(ENGINE2020年9・10月合併号)