「メルセデス哲学をもった最後のメルセデス」などと形容され1984年にデビューした中型メルセデス124型は、消耗部品をちゃんと交換していけば、新車同然の状態で長く使えると言われていた。それを確かめるべく、2008年、ENGINE編集部は長期テスト車として、92年型の300TEを購入。購入時の走行距離は3万4000㎞、価格は168万円。それから12年後、2019年の走行距離30万キロを突破をきっかけに、過去12年間の雑誌「ENGINE」連載をWEBで公開しています。毎週水曜日12時更新。

楽器運びも安心!

今月も約2500kmを走行した44号車。3万4000kmで編集部にやってきたので、ちょうど3年で10万kmを走ったことになる。これまで大きなトラブルはない。「足回りの主要パーツやエンジン・マウントなどを交換していけば、ちょっと前のメルセデス・ベンツは新車同然の状態で長く使えるのか?」を検証するために購入した92年型メルセデス・ベンツ300TE、大健闘と言っていいのではないか? 

今月はカスタム・オーダーしたギターが出来上がったので、相模湖の工房へ引き取りに行った。大きな荷室はやはり便利だ。しかも、しなやかな足のおかげで路面からのショックが小さい。振動に敏感な楽器を運ぶのも安心だ。来月は編集部に来てから2回目の車検。

文=荒井寿彦(ENGINE編集部) 

44号車/メルセデス・ベンツ300TE
MERCEDES-BENZ300TE
購入価格:168万円
導入時期:2008年9月
走行距離 3万4570km+13万7216㎞

(ENGINE2012年1月号)