【8月6日 CGTN Japanese】中国工業・情報化部の責任者は5日、国務院新聞弁公室で行われた記者会見で、「7月末時点で、全国における1日の最大PCR検査能力は484万件、検査機構は4946カ所、検査医療関係者は3万8000人以上に上る」と明らかにしました。

 また、現時点で全国各級の病院や疾病制御センター、税関、第三者検査機関などに検査キット2億人分、設備1万2000台余りを送りました。現在、中国におけるPCR検査キットや設備の生産能力は、常態化する感染対策のニーズを満たすことができており、「検査を受けるべき者、または受けたい者全員に受けさせる」とする目標は実現しているということです。(c)CGTN Japanese/AFPBB News