【8月1日 Xinhua News】中国河北省(Hebei)邢台市(Xingtai)内丘県(Neiqiu)の文化・広播電視・観光局は、同県が5月末から実施している鶴度嶺(かくどれい)長城の第2期応急補強工事について、現在までに南城壁と石段全体の工事の6割が完了したと明らかにした。各現場では今も作業が進められている。

 鶴度嶺長城は明代の長城で、嘉靖年間(1522~1566年)に築城された。国境の内側に設けられた第2線の「内長城」に属する。(c)Xinhua News/AFPBB News