【7月18日 Xinhua News】中国天津市(Tianjin)南開区(Nankai)の鼓楼広場ではこのところ、周囲の建物が美しくライトアップされ、連日大勢の観光客でにぎわっている。同広場では10日から鼓楼夜市が開業し、市民にグルメや文化、レジャーの新たな選択肢を提供している。

 「天津三つの宝」の筆頭に挙げられる鼓楼は、明代弘治年間(1488~1505年)の創建で、市民にとって欠かせない存在。その鼓楼で実施されている鼓楼夜市は、2020年夜間経済(ナイトタイムエコノミー)モデル街地の重点プロジェクトの一つとして天津市が立ち上げ、多くの業者が積極的に出店している。(c)Xinhua News/AFPBB News