【7月16日 AFP】ブラジルのジャイル・ボルソナロ(Jair Bolsonaro)大統領(65)は14日、新型コロナウイルス検査を再び受けたものの、結果は陽性だったと明らかにした。CNNブラジル(CNN Brazil)が15日、報じた。

 ボルソナロ氏は、首都ブラジリアの大統領公邸で隔離療養をし、ビデオ会議で職務を続けていく方針。

 州知事らによる外出制限命令を繰り返し批判してきたボルソナロ氏だが、6日に受けた検査で陽性判定を受けていた。

 ボルソナロ氏は13日、米CNNの電話取材に対し、「家に居続けるというこのルーチンには耐えられない」と述べ、陰性判定が出るのを切望していると述べていた。さらに、7月6日に最初の陽性判定が出て以降、発熱や呼吸障害のような症状は一切出ておらず、抗マラリア薬のヒドロキシクロロキンを服用し続けていると明らかにした。

 ボルソナロ氏は、「数日以内に」再び検査を受ける予定だという。

 映像はビデオ会議で職務を継続するボルソナロ氏、TV BRASILが15日撮影・提供。(c)AFP