それぞれの人生で出会った「決定的なクルマ」について綴ったエッセイです。カメラマンの近藤正一さんが選んだのは、「モーガン」。人生を変えたクルマの物語をどうぞお楽しみください。

イケイケゴーゴー!

カメラマンとして独立を目指した頃から憧れたモーガン。夢を叶え、3台乗り継いできた車はもはや人生のかけがえのない相棒だ。

編集部から今回のお題を受け、いろいろ迷いましたが、僕が選んだ一台はやはりモーガン。この車は僕が1982年に独立する頃、同じ時期に独立を目指していた仲間と夜な夜な集まっては仕事がうまくいったら何したいとか車は何を買うとか夢を語っていた時に、僕はモーガンが欲しい、と言うより絶対買うと周囲に宣言した車でした。

そんなモーガンとの縁は、僕がまだ独立前、とあるスタジオの社員カメラマン時代に始まります。当時、一緒に仕事をしていた広告代理店に車好きのAD(彼はロンドンのアートスクール卒でモーガン社の仕事をした際に、その対価としてボロボロの+8を貰って日本に持ち帰り、自分で塗装も含めフルレストア。当時のモーガンクラブのコンクール・デレガンスで優勝した筋金入りのエンスージアスト)がいて、その人と半分趣味で中古車屋の雑誌広告用の写真を月イチ位で撮影していました。そのお店はイタ車、英国車がメインのお店で、フェラーリ328や365BB、ランチア、ジャガー、MGなど月に10台以上撮影していました。その中で一番惹かれたのがモーガン。長いフロントフードにメッキのラジエーターグリル、流れるようなフロントフェンダー。まだ30歳前後の若造の僕にもその端正で格式高い様式美を纏い、時代の流れとは距離を置いたモーガンは魅力的でした。さらに興味を持ったのは、ほぼ手作りだということ! モーガン社の製作過程のビデオを見たら、なんと一台一台現場合わせの手叩き。これは事故ってパーツ取ってもフィッティングが大変だろうなぁ~って思いました。

そして独立6年後の88年頃に中古で買った家が、車5台置ける元工務店。ここから車道楽に火がつき、最初に買ったスポーツカーは赤のMGA。その後フェラーリ328、アルピーヌA110等、どんどん多頭飼いになり、92年頃に手に入れた最初のモーガンが+8(76年型濃紺)キャブレター4速モスミッション、確か全てのギアにシンクロ無し。粋がって麻布や原宿を流してました(笑)。その後一度手放し、次に96年型の+8(シルバー)。これは流石に高年式だけあって文句無しにいい車でした。ただメッキのワイヤーホイールがなぜか僕にはクラッシックカーのレプリカに見えてしまい、これも数年で売却。しばらくモーガン無しでいましたが、また病気が再発。今のキャストホイール、初期インジェクションの90年?型の+8を練馬のジャガー専門店ビッグキャットで55の歳に購入。この車は前述した中古車屋(ピッカースでした)が当時のメルセデスの純正色で塗り直し、ボディはシルバー、フェンダーはサッコプレート部分のダークシルバーで、僕が以前に撮影した個体そのもの。ちなみにナンバーは1155(イケイケゴーゴー!)です。ここまで+8に拘ってるのはやはりV8のパワー。当時MGAで伊豆スカイラインをドライブしてた時に小型ボートを牽引していたワンボックスに煽られたことで、スポーツカーはパワーだと自分の腕を棚に上げて思い込んだのが原因でした。その後、エンジン・ドライビング・レッスンやサーキット走行に参加してスキルを磨き、今は多少のスピードでも自分からは事故らない程度の自信はあります(笑)。

最後にモーガンの色褪せない魅力はなんといっても創業時から変わらないスタイルです。軽量ボディに3速でも発進できる程のトルキーなエンジン。ボディは緩いけれど意外に癖の無いしなやかなコーナリングに、どんな車が隣に停まっても引けを取らない無敵?のオーラ。今の車は走りの大部分が電子制御によるところが多い中、全てオウンリスクのプリミティブな車で天気の良い日に軽く首都高を流すだけで気分爽快! ビッグトルクに身を任せてズボラ運転できるモーガンはちょっと大袈裟ですけど、僕にとって今までの歩みやこれからの生き方等を考える大事な時間を与えてくれる良き相棒、もはや車を超えた存在です。

文・写真=近藤正一(カメラマン)

(ENGINE2020年7・8月号)