【6月30日 AFP】男子ゴルフのハリス・イングリッシュ(Harris English、米国)が29日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査で陽性だったことが判明した。これでウイルスに陽性反応を示した米国男子ゴルフツアー(US PGA Tour)の選手は、今月11日に3か月ぶりに大会が再開されてからは5人となった。

 感染対策を強化していたPGAツアーでは、これで2日連続で陽性者が確認された。2週間前に選手2人とキャディー2人が新型コロナウイルスで陽性反応を示して懸念が増したことから、PGAツアーはコースに入れるのは陰性が確認された選手に限定するなど規定を厳しくしていた。

 PGAの発表によると、前週のトラベラーズ選手権(Travelers Championship 2020)には出場していなかったイングリッシュは、来月2日に開幕するロケット・モーゲージ・クラシック(Rocket Mortgage Classic 2020)を控え、米デトロイト(Detroit)で実施された事前検査で陽性が判明したという。

 米疾病対策センター(CDC)のガイドラインとツアーの規定に従い、イングリッシュはツアー再開から四つ目となるこの大会を棄権し、これから自主隔離に入ることになった。

 この前日には、南アフリカのディラン・フリテッリ(Dylan Frittelli)がウイルス検査で陽性反応を示していた。同選手はトラベラーズ選手権に出場した後、28日にPGAツアーのチャーター機でデトロイトに到着していた。

 PGAツアーでは、2週間前のRBCヘリテージ(RBC Heritage 2020)でニック・ワトニー(Nick Watney、米国)が最初の陽性者となった。さらに、前週の大会では同胞のデニー・マッカーシー(Denny McCarthy)とキャメロン・チャンプ(Cameron Champ)も検査で陽性が判明していた。

 大会が無観客で開催されるのは、今大会とオハイオ州ダブリン(Dublin)のミュアフィールド・ビレッジGC(Muirfield Village GC)で開催される来週のザ・ワークデイチャリティーオープン(The Workday Charity Open 2020)で最後になる。

 同コースではその翌週に、観客数を限定してジャック・ニクラス(Jack Nicklaus)氏が主催するザ・メモリアルトーナメント(The Memorial Tournament 2020)が開催されることになっている。(c)AFP