【6月29日 AFP】スイス・ジュネーブの国連(UN)事務局の前庭に、大きさ約6000平方メートルの巨大なアート作品が登場した。タイトルは「ワールド・イン・プログレス(World in Progress、「製作中の世界」の意)」で、理想の世界を描く2人の子どもが表現されている。

 フランス人アーティストのサイープ(Saype)ことギヨーム・ルグロ(Guillaume Legros)氏の作品で、国連憲章(Charter of the United Nations)調印75周年を記念して描かれた。

 映像は23、24日撮影、一部提供。(c)AFP