【6月22日 AFP】男子ゴルフ米国ツアー、RBCヘリテージ(RBC Heritage 2020)は21日、サウスカロライナ州ヒルトンヘッドアイランド(Hilton Head Island)のハーバータウン・リンクス(Harbour Town Golf Links、パー71)で最終日が行われ、ウェブ・シンプソン(Webb Simpson、米国)が通算22アンダー「262」の大会記録を樹立し、ツアー7勝目を挙げた。

 この日、上がり7ホールで5バーディーを奪うなどスコアを伸ばした34歳のシンプソンは、ノーボギーの7アンダー「64」をマーク。2月のウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン(Waste Management Phoenix Open 2020)に次いで今季2勝目をマークした。

 最終日は悪天候によって2時間30分以上の中断があったため、選手たちは日没前に急いで決着をつけなければならなかった。

 世界ランキングで9位から5位に浮上する予定のシンプソンは、10フィート(約3メートル)以上の距離があるバーディーパットを四つ沈め、パー5の15番では41フィート(約12.5メートル)の距離から2打で決めるなど、終盤に素晴らしいパッティングを披露した。

 2012年の第112回全米オープン選手権(2012 US Open Championship)を制しているシンプソンは、「ゴルフコースでの長い1日だった」「12番の前まではうまくいかなかったが、その後は順調にいったし自信が持てた」と振り返った。

 ツアー初優勝を目指したアブラハム・アンサー(Abraham Ancer、メキシコ)は、最終18番で37フィート(約11.3メートル)のバーディーパットを外し、「65」でフィニッシュ。シンプソンとのプレーオフに持ち込むには1打足りず、通算21アンダーの2位に終わった。

 前週のチャールズ・シュワブ・チャレンジ(Charles Schwab Challenge 2020)を制したダニエル・バーガー(Daniel Berger、米国)とタイレル・ハットン(Tyrrell Hatton、イングランド)が通算20アンダーで3位タイ、セルヒオ・ガルシア(Sergio Garcia、スペイン)とホアキン・ニーマン(Joaquin Niemann、チリ)がさらに1打差で5位タイとなり、メジャー通算4勝のブルックス・ケプカ(Brooks Koepka、米国)が通算18アンダーで7位に入った。(c)AFP