【6月19日 CNS】中国・広東省(Guangdong)広州市(Guangzhou)の長隆野生動物世界(Chimelong Safari Park)で10日、オオアリクイの双子の赤ちゃんが一般客に公開された。

 この双子の赤ちゃんは3月3日に生まれ、出生時の体重は約900グラムしかなかったという。オオアリクイは主として米州に生息し、頭が小さく視力が弱いが、嗅覚が鋭く、遠いところからでもアリの穴の方角を察知し、アリ類を食べる速度は極めて速い。国際自然保護連合(IUCN)の定める絶滅危惧種レッドリストに指定されている。(c)CNS/JCM/AFPBB News