MAURICE LACROIX/「アイコン」と「マスターピース」のいいとこ取り

新世代のスポーティウォッチとして人気を集める「アイコン」に、ブランドの高度な機械式時計技術を代表する「マスターピース」の遺産を受け継ぐスケルトン仕様のクロノグラフが新たに加わった。「アイコン」のデザインと「マスターピース」の精巧な自社ムーブメント、その2つが同時に楽しめる秀逸なモデルに仕上がっている。

アイコン クロノグラフ スケルトン 

スケルトンムーブメントは、「マスターピース クロノグラフ スケルトン」に搭載された自動巻きML206。「アイコン」のエッジのきいたデザインとの相性も良く、新しいスタイルを演出する。ステンレススティール、ケース直径44㎜、20気圧防水。税別75万円。夏発売予定。

「アイコン クロノグラフ」のクオーツモデルの新作は、ベルト交換が容易なインターチェンジャブルシステムを初めて採用。

文=菅原 茂(時計ジャーナリスト)
(ENGINE2020年7・8月合併号)