【6月11日 AFP】米国で南北戦争(American Civil War)中に奴隷制度を支持した南軍をたたえる記念碑を公共の場から排除するよう求める声が高まる中、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は10日、そうした圧力をはねのけ、南軍の将軍にちなんだ名を持つ米軍基地の名称変更はあり得ないと述べた。

 トランプ氏はツイッター(Twitter)に、「こうした記念碑的で、非常に強力な基地は、偉大な米国の遺産の一部、成功と勝利、自由の歴史の一部となってきた」と投稿。

 さらに、「わが政権は、こうした立派で名高い軍事施設の名称変更を間違っても検討しない。世界で最も偉大な国としてのわが国の歴史が改ざんされることはない」「われらが軍を尊重しよう!」と続けた。

 米国では、各地で続くアフリカ系米国人に対する警察の暴力と人種差別に対する大規模な抗議運動を受けて、こうした施設の名称変更を求める声が高まっている。

 一方、ナンシー・ペロシ(Nancy Pelosi)下院議長は10日、連邦議会議事堂(US Capitol)から南軍の兵士や当局者の像11体を撤去すべきだと主張した。

 ペロシ氏は、「明らかに人種差別的な目的を達成するために残虐で野蛮な行為を支持した人々の記念碑は、(米国の民主主義と自由という)理念へのおぞましい侮辱だ」「彼らの像は遺産ではない。憎悪を称賛するものだ」「撤去せねばならない」と訴えた。(c)AFP