学校法人立命館(所在地:京都府京都市、総長:仲谷善雄、以下立命館)と、日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「READYFOR」を運営するREADYFOR株式会社(本社:東京都千代田区、代表:米良はるか、以下READYFOR)は、2019年12月より業務提携を行っています。本日、第一号となるクラウドファンディングプロジェクト「学生の挑戦がコロナ後の世界を切り拓く|立命館 Beyond COVID-19」を公開、寄附金募集を開始いたしました。





 立命館は、2030年に向けた学園ビジョン「挑戦をもっと自由に」を掲げ、本学園に所属する学生・生徒・児童(以下、学生ら)のさまざまなチャレンジを応援・支援しています。また、「コロナ禍の今だからこそ何かしたい」という学生からの声にこたえ、2020年4月16日に学生らが集うオンラインコミュニティ「Beyond COVID-19(ビヨンド・コロナ)」を立ち上げました。
 新型コロナウイルスの影響で社会課題がより顕在化するなか、With/Afterコロナ時代の社会課題に着目し、課題解決に向けて取り組む学生らのために、クラウドファンディングを活用した寄附金募集を行うことを決定いたしました。クラウドファンディングを活用することで、卒業生をはじめとした学内外のステークホルダーの皆さまや地域の皆さまとともに、これからの未来をつくる学生らの''挑戦を止めない仕組み''を整備していきます。



 READYFORは、クラウドファンディングサービスを活用し、大学の寄附金獲得をサポートする「READYFOR College」を2017年2月より開始、22大学と提携・59大学がクラウドファンディングを実施しております。新型コロナウイルスの影響で多くの大学よりクラウドファンディングを活用したいという声をいただき、ALL-IN形式の採用や手数料一部割引など特別なサポートを実施しております。「立命館× READYFOR」を通じ、社会全体で挑戦する若者を応援・支援する仕組みや土壌ができていくことを期待しております。

■「Beyond COVID-19」(ビヨンド・コロナ)」について
 行動を起こしたい学生らがプロジェクトオーナーとしてプロジェクト・講座などを立ち上げることができるほか、オンラインサポーターとしてプロジェクトに関わることができます。また、学生らの学びや取り組み、学園内の情報をオフィシャルブログとして発信しています。立ち上げから1ヵ月半あまりで、すでに54件のプロジェクトおよび68本の学生ライター執筆記事を掲載しています。
(Beyond COVID-19ページ: https://r-rimix.com/covid19/




■クラウドファンディング概要
・プロジェクトタイトル:「学生の挑戦がコロナ後の世界を切り拓く|立命館 Beyond COVID-19」
・ページURL: https://readyfor.jp/projects/rits-beyond-covid19
・目標金額:300万円
・公開期間:2020年6月5日(金)~7月31日(金)23時
・形式:寄附型 / ALL-IN形式
・プロジェクト概要:
 これまで、「Beyond COVID-19」では、サイト上でのプロジェクトの発信やオンラインコミュニティの形成に重点をおいていました。今後は「挑戦する学生らを応援する」プラットフォームとしてさらに進化するために、With/Afterコロナ時代の社会を見据えた社会課題解決に関する活動を展開していきます。
 まずは、卒業生をはじめとした学内外のステークホルダーの皆さまや地域の皆さまと一緒に、学生らの社会課題解決アイデアを、実際にアクションに移していくためのサポート体制を整えます。
 今回のクラウドファンディングでは、学生らが立ち上げる社会課題解決プロジェクトを選出し、皆さまからのご支援を原資として、約10件のプロジェクトに資金面でのサポートを行います(1プロジェクトあたり30万円程度を想定)。
※目標金額の達成の有無に関わらず、集まった寄附金を受け取ることができる形式です。
※本プロジェクトへの寄附は税制優遇の対象となります。

▼本件に関する問い合わせ先
学校法人立命館 総合企画部 広報課 
中村・名和
TEL:075-813-8300


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/