BAUME & MERCIER/「クリフトン」と「ハンプトン」それぞれの魅力を引き出す

ブランドのモダンクラシックを成す2つのコレクションに魅力的な新作を投入した今年、ラウンド型の「クリフトンボーマティック」では、5日間の長時間パワーリザーブを誇る高性能の自動巻きムーブメントのボーマティックにムーンフェイズやデイデイトなどの複雑機能を加えたモデルが仲間入り。グレーのグラデーションによるダイアルも新たな魅力を放つ。一方アールデコの流れを汲む長方形の「ハンプトン」もメンズとレディスで計3サイズのケースと、自動巻きおよび7年間連続駆動する新世代クオーツムーブメントをラインナップ。どちらもセンスが光る秀作だ。

クリフトン ボーマティック ムーンフェイズ

12時位置の曜日、6時位置の日付とムーンフェイズが絶妙なバランスで調和するグレーのグラデーションダイアルが「クリフトン ボーマティック」ならではの上品でスタイリッシュな持ち味をさらに引き立てる。自動巻き、パワーリザーブ5日間。ステンレススティール、ケース直径42㎜、5気圧防水。税別予価47万5000円。10月発売予定。

ハンプトン スモールセコンズ

長年人気を続けてきたレクタンギュラーウォッチの最新バージョンが今年登場。1920年代のアールデコスタイルを最も強く感じさせるのは、中2針でスモールセコンドを配したこのモデルだ。自動巻き。ステンレススティール、ケース縦48㎜×横31㎜、5気圧防水。税別27万5000円。

時計ジャーナリスト・菅原 茂はこう見た!

一目見て引き込まれたのが「クリフトン」の新しいセミコンプリ。ディテールは繊細で全体的に控え目な表情なのに、しっかりとした主張が感じられるところが絶妙。日付と曜日の表示の仕方や月を隠さず見せる独特のムーンフェイズ、そしてシックなダイアルカラーすべてが魅力的だ。

ENGINE編集部・前田清輝はこう見た!

一昨年に満を持して発表された高性能ムーブメント「ボーマティック」。こちらの搭載モデルを拡充しているボーム&メルシエは、新たにムーンフェイズをリリース。ミニマルなデザインに優美な月齢表示のバランスは見事。これで高精度かつ5日間のパワーリザーブなのだからお買い得かと。

文=菅原 茂(時計ジャーナリスト)/前田清輝(ENGINE編集部シニア・エディター)

(ENGINE2020年7月号)