英国が生んだ偉大なるレーシング・ドライバーが4月、90年の生涯を閉じた。F1王座を獲得することができなかった"無冠の帝王"は、いかにして伝説となったのか?

1956年にイギリス人として初めてモナコGP優勝を果たしたモス。それはまたマセラティにとっても最初で最後のモナコ制覇となった。2016年のモナコ・ヒストリックで当時のウィニングカー250F-2522と共に行われたセレモニーは、モスがモナコを訪れた最後の機会となってしまった。

"GP3勝以上"という条件を満たす"モナコ・マイスター"は、6勝を挙げたアイルトン・セナを筆頭に、5勝のミハエル・シューマッハ、グラハム・ヒルなど、わずか8人しかいない。

ではその称号を最初に得たのは誰か? 1956年、60年、61年と3度の優勝を果たしたサー・スターリング・モスだ。

あれは2016年のモナコ・ヒストリックGPでのこと。レースウィークの始まる金曜日に行われた、モナコ初制覇60周年を祝うセレモニーで当時の一番の思い出は? と聞いたら、いたずらっぽい笑顔を浮かべて彼はこう返してくれた。「そうだな、当時はコーナーごとに彼女が待っていたから、シフトしながら全員に手を振って走るのが大変だったよ」

モスはよく"無冠の帝王"と称される。確かに1955年に弱冠26歳で当時最強のメルセデス・ベンツ・ワークス入りを果たし、その年の母国イギリスGPではポールポジションから初優勝を飾るなど才能を開花させたが、チームのエースであったファン・マニュエル・ファンジオには及ばずランキング2位に止まった。メルセデス撤退後もフェラーリに移籍したファンジオの後塵を拝して56年、57年と連続2位、そしてファンジオが引退した58年に4度目のチャンスが巡ってきたが、同郷のマイク・ホーソーンにわずか1ポイント差で敗れ、ついぞF1王座を獲得することはできなかった。

しかし彼が生きながらにして伝説のドライバーとなったのは、F1GP 16勝、RACTTレース7勝、コース・レコードを樹立しての1955年ミッレミリア総合優勝といった成績はもとより、何度となく危機に見舞われても不死鳥のごとく復活し、80歳になった2010年のグッドウッド・リバイバルで正式に引退を表明するまでレーシング・ドライバーとして走り続けた"最もレースの神様に愛された男"であったからだ。

2016年、モナコ・ヒストリックの後もグッドウッドなど各地のヒストリックカー・イベントに精力的に姿を見せていたモスだが、10月に日本で行われたラ・フェスタ・ミッレミリアの帰路に立ち寄ったシンガポールで、重度の胸部感染症に罹って緊急入院。翌年5月には退院しイギリスへ戻ったとアナウンスがあったものの、ファンの前に一度も元気な姿を見せることなく2020年4月12日、90年の生涯を閉じた。

偉大なレジェンドとは思えないほど気さくで、茶目っけがあり、ステアリングを握れば誰よりも熱く、踊るようにマシンを走らせたモス。その姿は今も瞼の裏に焼き付いている。

文=藤原よしお

(ENGINE2020年7・8月合併号)