【5月27日 AFP】フランス革命中に処刑された王妃マリー・アントワネット(Marie Antoinette)が所有していた旅行かばんが24日、競売に掛けられ、予想価格の5倍以上の4万3750ユーロ(約516万円)で落札された。

 オークションは競売会社オズナ(Osenat)が実施。同社によると、オークション会場およびインターネット上では激しい落札合戦が繰り広げられたという。

 かばんは革製で、「王妃の部屋10番」という刻印が打たれており、落札予想価格は8000〜1万ユーロ(約94万〜118万円)とみられていた。

 同じオークションでは夫ルイ16世(Louis XVI)の髪の束も競売に掛けられ、4000ユーロ(約47万円)で落札された。(c)AFP