5月10日に開催されたヴァーチャル・スペインGPは、カタルーニャ・バルセロナ仮想サーキットで戦われ、スクーデリア・フェラーリから参戦したシャルル・ルクレールが、予選3位からフロント・ローのジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)とエステバン・グティエレス(メルセデス)をかわしトップに立つ。

タイヤ交換などを経て順位は目まぐるしく変わり、中盤以降はラッセルとの一騎打ちの展開となったが、終盤、ラッセル、ルクレールともにコース・リミット・ペナルティを科され、順位はそのまま推移。ルクレールは3秒の差を跳ね返すことはできず、2位でチェッカーフラッグを受けた。

(ENGINE2020年7・8月合併号)