【5月26日 Xinhua News】中国広西チワン族自治区(Guangxi Zhuang Autonomous Region)北海市(Beihai)で19日、地元の漁師らが打ち上げられたクジラを救助し、海に戻した。

 クジラが打ち上げられているのを最初に発見した地元の海鮮レストランの店主は「海岸から海を眺めていると、漁船の間に黒い影が見え、小さいクジラだと分かった」と語った。

 同市海洋・漁業総合法執行支隊の職員は、クジラ打ち上げの報告を受けると、市の水生野生生物救助・繁殖センターの専門家らと直ちに現場に向かい救助活動を行った。

 専門家が現場で調査したところ、このクジラはゴンドウクジラだと推定。クジラは体長2・75メートル、体重は150キロあり、体の表面に軽い傷が見られるが、状態はおおむね良好だという。

 その後、専門家の判断を経て、漁政部門の職員らが船で誘導しながらクジラを外洋に戻した。(c)Xinhua News/AFPBB News