【5月22日 Xinhua News】日本のバイオ医薬品企業、医学生物学研究所(MBL)で19日、医療物資の寄贈式がオンライン動画形式で行われた。中国の試薬大手、深圳市(Shenzhen)亜輝竜生物科技(YHLO)からの医療用外科マスク10万枚と防護服250着が、同社のパートナー企業であるMBLを通じ、東京大学(University of Tokyo)や慶応義塾大学(Keio University)、大阪大学(Osaka University)などでつくる「新型コロナウイルス抗体検査機利用者協議会」に寄贈された。

 YHLOは今回、同協議会のほか、慶応義塾大学病院や大阪大学医学部付属病院、京都府立医科大学(Kyoto Prefectural University of Medicine)付属病院など、日本の医療機関にマスク計40万枚と防護服500着を寄贈した。(c)Xinhua News/AFPBB News