【5月18日 AFP】中国の駐イスラエル大使が17日、テルアビブ郊外の公邸で死亡しているのが発見された。警察当局が明らかにした。

 警察当局者はAFPの取材に対し、2月中旬にイスラエルへ着任した杜偉(Du Wei)大使は、ヘルツリヤ(Herzliya)の公邸で遺体となり見つかったと述べた。

 同大使の妻や息子はイスラエルに同伴していない。

 大使館のウェブサイトに掲載された経歴によると、57歳の杜氏は以前、ウクライナ大使を務めていた。

 日刊紙ハーレツ(Haaretz)によると、ベッド内で死んでいる杜氏を職員が発見。暴力沙汰の痕跡はないという。

 同紙は、死因は心臓に関連するものとみられるという救急隊員の話を伝えている。(c)AFP