SINN/貴重な歴史的クロノグラフが甦る

新作のハイライトは、かつてドイツ連邦軍で使われ、1980年代終わりから90年代初頭ごく少数しか市販されなかったパイロット・クロノグラフのデザインを忠実に再現した「モデル158」。ミリタリー好きだけでなく、横並び2インダイアルのいわゆる「バイ・コンパックス」スタイルを好むクロノグラフ愛好者には見逃せない逸品だ。

ダイアルや回転べゼルのみならず、4本のビス留め式のケース裏蓋も初期モデルの構造を再現する。

モデル158

原型は今や入手困難なコレクターズアイテムになっている「155 Bw」。9時位置にスモールセコンド、3時位置に30分積算計を配したダイアル、両方向回 転式のベゼル、強化アクリル風防などが伝説の手巻きパイロット・クロノグラフの雰囲気を伝える。自動巻き。ステンレススティール、ケース直径43㎜、10気圧防水。世界限定500本。税別43万円。

文=菅原 茂(時計ジャーナリスト)/前田清輝(ENGINE編集部シニア・エディター)
(ENGINE2020年6月号)