【4月13日 CNS】ロシア・ウラジオストクの中国総領事館は12日、中国の黒竜江省(Heilongjiang)で新型コロナウイルス感染者の海外からの流入が増加したため、当地の中国人に対し、中ロ国境に位置する綏芬河市(Suifenhe)を経由して帰国しないよう強く求めた。

 ウェブサイトに掲載された「通達」によると、黒竜江省の衛生健康委員会は12日、11日午前0時からの24時間で新たに海外より国内に流入した確定感染者は21人、疑い症例を示したのは3人、無症状感染者は5人と発表。全てロシアからで、経由ルートはモスクワ―ウラジオストク(Vladivostok)―綏芬河だったと確認されている。

 現時点で、同ルートで黒竜江省に流入した感染者は計194人に上っており、全員が中国国籍だという。

 黒竜江省人民政府外事弁公室の12日付の情報によると、綏芬河とロシア側国境ポグラニチニ(Pogranichny)の出入国旅客審査所は13日以降、相次いで臨時閉鎖される。

 総領事館は中国居留民に対し、感染症の情勢を考慮して特に上記ルートにある感染リスクを踏まえ、綏芬河などの国境経由、陸路で中国への帰国を試みることのないよう呼び掛けている。(c)CNS/JCM/AFPBB News