「メルセデス哲学をもった最後のメルセデス」などと形容され1984年にデビューした中型メルセデス124型は、消耗部品をちゃんと交換していけば、新車同然の状態で長く使えると言われていた。それを確かめるべく、2008年、ENGINE編集部は長期テスト車として、92年型の300TEを購入。購入時の走行距離は3万4000㎞、価格は168万円。それから12年後、2019年の走行距離30万キロを突破をきっかけに、過去12年間の雑誌「ENGINE」連載をWEBで公開しています。毎週水曜日12時更新。

ちょいちょいトラブル

5月の晴れたある日、水温計がジワジワと上がり始めたのである。渋滞では120度付近まで上昇する。あ~! 原因はエアコンのガス漏れだった。エアコンが機能しなくなり、コンデンサーを冷却する必要がなくなったファン(ラジエターと共用)がオーバーヒート寸前まで回らなくなったのである。エアコン・ガスの減圧バルブの交換で3万9000円だった。

頑張れ44号車! 10万㎞は目の前だ!

44号車/メルセデス・ベンツ300TE
MERCEDES-BENZ300TE
購入価格:168万円
導入時期:2008年9月
走行距離 3万4570km+9万1102㎞km

(ENGINE2010年8月号)