【3月11日 CNS】中国・衛星誘導システム管理弁公室によると、3月9日午後7時55分、西昌(Xichang)衛星発射センターから長征3号乙型運搬ロケットを使い、北斗(Beidou)測位システムの54基目となる測位衛星の打ち上げに成功した。衛星は順調に予定の軌道に乗り、今後、測位網に入りサービスを開始する予定。

 北斗測位システムの構築は、北斗1号、2号、3号システムの3段階を経る計画となっている。現在、北斗1号の4基の試験衛星は全て退役し、北斗2号の1基目の衛星から起算すると、これまでに54基を打ち上げており、完成まであとわずかとなった。

 北斗3号世界測位システムは、24基の中円地球軌道、3基の地球静止軌道と3基の傾斜地球同期軌道の合わせて30基の衛星から構成される。今回の衛星は29基目、地球静止軌道のものとしては2基目となる。衛星補強システム、短文通信、精密測位などのサービスにおいて重要な役割を担う予定。

 中国は5月、最後の1基となる地球静止軌道衛星を打ち上げ、北斗3号システムは完成することになる。(c)CNS/JCM/AFPBB News