【3月6日 AFP】イタリア・セリエAのユベントス(Juventus)に所属するクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)の母親は5日、脳卒中で倒れたものの「順調に回復している」と明かした。

 先日倒れたロナウドの母ドロレス・アヴェイロ(Dolores Aveiro)さん(65)は「うまくいけば数日以内に、これまで通りの生活に戻れるだろう」とインスタグラム(Instagram)に投稿した。

「私の身に何が起きたのかもすべて知っているし、自分がとても幸運であることも十分に理解している」

 知らせを聞いた35歳のロナウドは3日、クラブの練習を休み、夫人と息子1人と一緒に故郷のポルトガル・マデイラ(Madeira)島に戻っていた。

 ロナウドは4日夜に予定されていたACミラン(AC Milan)とのイタリア杯(Italian Cup 2019-20)準決勝第2戦に間に合うよう、同日にマデイラ島を出発するとみられていたが、結局この一戦は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期になっていた。

 ロナウド本人は今回の件について、静かに見守ってほしいと呼びかけている。(c)AFP