【2月25日 AFP】新型コロナウイルス流行の中心地である中国中部・武漢(Wuhan)で、29歳の医師が同ウイルスに感染し亡くなった。確認されている犠牲者の中でも最年少の部類に入る。

 新華社(Xinhua)通信によると、死亡したのは彭銀華(Peng Yinhua)医師。武漢の江夏(Jiangxia)区にある第一人民医院(People's No. 1 Hospital)で勤務中に感染し、20日に亡くなった。

 呼吸器と重症疾患を専門とする同医師は当初、春節(旧正月、Lunar New Year)の期間中に結婚式を挙げる予定だったが、新型コロナウイルスの患者治療のために式を延期していた。

 新華社は同医師が「結婚式の招待状はついに発送できず、今も職場の引き出しの中に入れられたままとなっている」と伝えた。

 中国当局によると、これまでに医療従事者1700人以上が感染しており、その大半は武漢がある湖北(Hubei)省で確認された。AFPの取材に応じた医療関係者らによると、現場ではマスクや防護服が不足し、間に合わせの防護服を着用したり、呼吸器系の症状がみられても勤務を続けたりする医療従事者もいる。

 ソーシャルメディア上では21日、彭医師を悼む声が広がり、多くがその若くしての死に衝撃を受けていた。中国版ツイッター(Twitter)「微博(ウェイボー、Weibo)」では、「これは本当に悲劇だ。白髪の両親が黒髪の若者を見送り、婚約者はついに彼と結婚できなかった」との書き込みがみられた。

 また、国営中国中央テレビ(CCTV)は、生前の彭医師の映像や写真のほか、同医師を追悼する医療従事者らの様子を放送した。

 映像はCCTV提供。(c)AFP