【2月23日 AFP】2019-20アルペンスキーW杯は22日、スイス・クランモンタナ(Crans-Montana)で女子滑降第8戦が行われ、ララ・グート(Lara Gut、スイス)が前日の第7戦に続く連勝を飾った。

 一方、2位に入った同胞のコリーヌ・スッター(Corinne Suter)は、チェコのエステル・レデツカ(Ester Ledecka)が5位に沈んだことを受け、今季1戦を残して種目別優勝を決めた。

 総合争いでは、今月初めに父親を亡くして以来大会に出場していないミカエラ・シフリン(Mikaela Shiffrin、米国)が首位に立っているが、わずか27ポイント差でフェデリカ・ブリニョネ(Federica Brignone、イタリア)が後を追っている。(c)AFP