【2月13日 時事通信社】中国政府は13日、湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎で確認された中国本土の死者について、同日午前0時(日本時間同1時)時点で前日より254人増え1367人になったと発表した。うち8割近くを武漢市が占め1036人。感染者は1万5152人増の5万9804人になった。

 湖北省による感染確認の基準変更により死者、感染者が急増した。武漢市での感染は3万2994人が確認された。

 前日から増えた死者の内訳は湖北省が242人、河南省が2人のほか天津市や広東省などで1人ずつ増えた。湖北省以外の新たな感染者は312人で4日を境に減少傾向が続く。ただ、中国本土で治療中の患者は5万2526人、重体は8030人と依然厳しい状況だ。(c)時事通信社