【2月13日 AFP】米疾病対策センター(CDC)は12日、新型コロナウイルスへの感染の有無を迅速に診断するため全米と世界36か国の研究機関に送付した検査キットについて、不具合の報告が複数あったことを明らかにした。

 CDCは5日から、新型コロナウイルス「COVID-19」の迅速な診断を可能にする検査キット200個を米国内にある研究機関に向けて発送中。また、希望のあった世界36か国にも送付を開始している。1キットで700~800の検体を診断できるという。

 だが、CDCのナンシー・メッソニエ(Nancy Messonnier)氏によると、陽性か陰性かの診断結果がはっきり検出されないとの報告が複数の研究機関からあった。「現段階での問題は、試薬1種が期待した通りに作用しないためと説明できる」「そのため、この試薬を作り直している」と述べている。

 当面、全患者の検体の検査を米ジョージア州アトランタ(Atlanta)にあるCDC本部で継続する予定。米国では現在、13人の感染が確認されている。(c)AFP