【2月12日 AFP】世界保健機関(WHO)は11日、中国で発生した新型コロナウイルスが引き起こす感染症について、正式名称を「COVID-19」とすると発表した。同ウイルスによる疾患について、WHOは世界にとって「非常に重大な脅威」であるものの、流行を止める「現実的な見込み」があるとの見解も示した。

 WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス(Tedros Adhanom Ghebreyesus)事務局長はスイス・ジュネーブ(Geneva)での記者会見で、正式名称について、COVIDの「CO」は「corona(コロナ)」、「VI」は「virus(ウイルス)」、「D」は「disease(疾患)」、さらに「19」は最初に流行が確認された2019年12月31日の年を表すと説明。「スティグマ(負のレッテル)」の回避を目指す国際勧告に準じ、特定の地名や動物の種、人の集団への言及を避けて選ばれたものと語った。

 これに先立ちテドロス氏は、同日の新型コロナウイルスの感染拡大対策に関する初の国際会合で科学者らを前に、同ウイルスが「非常に重大な脅威」だと警告。それでも「われわれが今投資すれば(中略)われわれにはこの流行を止める現実的な見込みがある」との考えも示した。

 新型コロナウイルスによる死者は現在1000人を超え、12日の発表によると、中国本土での死者は1110人となった。また感染者もおよそ25か国で合計4万2000人余りとなった。WHOは国際的な公衆衛生上の緊急事態を宣言している。

 映像前半は新型コロナウイルスが引き起こす感染症について、正式名称を「COVID-19」とすることを発表したテドロス氏。11日撮影。後半は中国・武漢(Wuhan)の「火神山(Fire God Mountain)医院」の院内の様子や同市内の消毒作業。国営中国中央テレビ(CCTV)が9、10日撮影・提供。(c)AFP/Dario THUBURN