【2月10日 AFP】ヘリコプター墜落事故で先月亡くなった米プロバスケットボール(NBA)の元スター選手、コービー・ブライアント(Kobe Bryant)氏をめぐって、テレビ番組の中で同氏の過去のスキャンダルを掘り返すような発言をしたニュースキャスターに対して、有名人からのものを含めた脅迫めいた批判が集まっている。

 問題となっているのは、米CBSの朝の番組「CBS This Morning」でキャスターを務めるゲイル・キング(Gayle King)さんが、米女子プロバスケットボール協会(WNBA)の元スター選手、リサ・レスリー(Lisa Leslie)氏を迎えて行ったインタビュー。その中でキングさんは、ブライアント氏の2003年のレイプ疑惑についてしつこく尋ねている印象があり、レスリー氏は友人だったブライアント氏が「そんなことをする人じゃない」「絶対に女性を傷つけたりしない」と繰り返した。

 このインタビューでのキングさんの姿勢が、多くの人の反感を呼んでいる。ラッパーのスヌープドッグ(Snoop Dogg)さんは自身のSNSアカウントに投稿した動画で怒りをぶちまけ、キングさんを「臭い犬面のあばずれ」と呼ぶと、「家族をリスペクトし、すっこんでろ、クソアマ。俺たちがそこへ行く前にな」と不穏なことも言った。

 超人気芸能人のオプラ・ウィンフリー(Oprah Winfrey)さんによれば、友人であるキングさんの元には実際に殺害予告も複数届いているという。ウィンフリーさんはNBCの番組で「彼女は良い状態ではない」「殺害予告が来ていて、今は警備員をつけて移動している。襲われる可能性が高いと感じている」と明かした。

 CBSのスーザン・ジリンスキー(Susan Zirinsky)社長は、スヌープドッグさんの発言は「非難されるべきだ」とし、「ゲイル・キングと彼女の報道人としての品格を全面的に支持する」と話した。バラク・オバマ(Barack Obama)政権時に国家安全保障担当補佐官を務めたスーザン・ライス(Susan Rice)氏も擁護派で、スヌープドッグさんに対して「引っ込んでなさい」「もし来たら軍隊の出迎えを受けて、みっともなく負けることになるでしょう」と警告している。

 キングさん自身も2本の動画を投稿し、インタビューが誤解を受けるような編集をされていたと釈明した。

 キングさんは「あそこだけ見せられたら、私だって同じようにものすごく怒っていたでしょう」「私だって悔しい。ショックだし、怒っています」と話し、番組で流された部分は「完全に文脈から切り離されていた」と続けた。そして、インタビュー全体ではブライアント氏の選手生活や若者に対する指導的な役割、ユーモアのセンスなどの方に時間を割いてしゃべっていたと明かした。

 CBSも編集過程に問題があったことを認めているようで、「ゲイルは思慮深く幅広いインタビューを行っていました」「こうした事態を招いた内部プロセスについて対処し、すでに変更を加えています」と話している。

 ブライアント氏は先月26日、乗っていたヘリコプターがカリフォルニア州内で墜落し、次女を含む8人とともに命を落とした。(c)AFP