記念すべき総走行距離10万㎞を達成したのは8月21日のことである。この日は、近づいてきたメディア対抗ロードスター4時間耐久レースの準備のために筑波サーキットへ出かけていた。というのも、筑波のコース1000はドライビング・レッスンで今年も2度ほど走っているが、コース2000の方は一度も走行していない。いくら慣れたサーキットとはいえ、プロならともかくアマチュアの私のような者がぶっつけ本番でレースに臨んでもまともに走るのは難しい。ロードスターでなくても、せめてポルシェで事前に走って、勘を取り戻しておこうと考えたのだ。

ナンバー付きでも走れるファミリー走行の枠をふたつ走った帰り道、東北自動車道の蓮田SAに寄ってガソリンを入れた時、79号車のオドメーターは9万9964㎞を指していた。これなら、ちょうど首都高に入って西池袋のランプを降りたところで10万㎞に到達することになりそうだ。そこでクルマを停めて記念の写真を撮ればいい。そう考えて再び帰路についたのだが、なんと西池袋ランプの直前で10万㎞に到達してしまったのにはちょっと参った。なんとか10万㎞の表示のままランプに辿り着かないかと思ったのだが、残念なことに降りる直前に10万1㎞になってしまった。というわけで、10万1㎞の写真をお見せしている次第です。

トリップ・メーターが249.5㎞になっているのは、蓮田で給油の際、リセットするのを忘れたからで、給油時には212.9㎞を指していた。さらにその下の燃費計がリッター4.4㎞ととてつもなく悪い数字になっているのは、この日、筑波サーキットを全開で30周以上も走っていたためだ。79号車の場合、走り方によって燃費は極端なくらいに変化する。高速道路を巡航しているだけなら、リッター10㎞を達成することもできる反面、都内だけを走っていると5㎞台まで落ちてしまう。都内8割、高速2割くらいのリポーターの通常の使い方では、6㎞台半ばが平均燃費となっている。

さて、10万㎞達成後も79号車は元気に毎日の足として走り回っている。特集のロケで2度ほど箱根にも出かけた。その際、気になったことをひとつだけ報告しよう。ターンパイクの急な上り坂を走った後、いったん駐車してエンジンを再始動した時に、またしてもマフラーから大量の白い煙が出る場面があった。なぜだぁ!?

ついに総走行距離10万㎞の大台を達成した79号車。44号車の30万㎞に比べたらまだまだだが、これだけマイレージを重ねても見た目も走りもまったく衰えた感じがしないポルシェの工業製品としての出来の良さに感服。特集ロケのついでに箱根の山道を走り楽しんだのは良かったが……。

79号車/ポルシェ911カレラ4S(996型)
PORSCHE 911 CARRERA 4S
購入価格(新車時):340万円(1244万2500円)
導入時期:2017年4月
走行距離(購入後):10万928㎞(1万8543㎞)

文=村上 政(ENGINE編集長) 写真=神村 聖

(ENGINE 2019年11月号)