■福留亮司PICK UP!■

CARTIER/カルティエ サントス デュモン SM

エッジをきかせたスクエア型のケース、ケース側面からラグへのなだらかな曲線と、パリの幾何学的な美意識が息づいたエレガンスウォッチ。新開発のクォーツが搭載され、ケース厚は7.3mmの薄さ。クォーツ、ステンレススティール38×27.5mm、3気圧防水。税別37万円。

クォーツ時計の新境地に注目する
男性も機械式の呪縛から解放され、自由な時計選びを!

ちょっと時計に詳しい人は、モデルを選ぶときに、まず機械式であることを前提とする傾向がある。とくに男性は。歴史ある機械式が正統で、それ以外は邪道的な扱いをする人も多い。かく言う筆者もその傾向にあったことは否めない。

そんななか、2019年はクォーツ時計に惹かれるモデルがあった。この2019年といえば、クォーツ時計が初めて発売されてから50周年にあたるので、セイコーから何か面白いものが出るかな、くらいに思っていたのだが、なんとカルティエから魅力的なクォーツウォッチが登場したのだ。「サントス デュモン」がそれで、なかでも小さなSMがよかった。オリジナルを継承しており、これまでならメカのムーブメントが搭載されていたであろうデザインだ。

新開発のクォーツ・ムーブメントは、消費電力を抑えた画期的なもので、約6年間にわたって高精度で連続作動する長寿命化を実現している。実際に周りの男性からも、この時計を評価する声は多い。やっと男性も機械式の呪縛から解放され、ホントにいいと思えるモデルを選ぶ時代になったようだ。だから作り手にも、もっと自由な発想での制作を期待したい。

福留亮司(ふくとめ・りょうじ)
ライフスタイル誌編集者を経てフリーに。主に時計、ファッション、クルマの記事を執筆している。近年は老眼が進み、シンプルな2針、3針時計にしか眼がいかない。