近年、欠かさずオートサロンにブースを構えているルノー。今年は新型メガーヌR.S.のトップガン、トロフィーRの日本初お披露目を行うとともに、日本での価格や販売方法を発表した。

トロフィーRはニュルブルクリンクをはじめ、世界の名だたるサーキットでのタイムアタックを主眼に置いた最速・最強モデル。もちろんナンバーは取得でき、公道を走れるが、成り立ちを考えるとサーキット専用車と言っても過言ではない。2019年4月にはシビック・タイプRのタイムを抜き、ニュルブルクリンク北コースFF市販車最速の座を奪取。さらに、先月号でお伝えしたとおり、2019年11月にはホンダのお膝元である鈴鹿サーキットでも自らが持っていたFF市販車最速タイムを更新することに成功している。

R.S.やR.S.トロフィーとの大きな違いは軽量化。新型メガーヌR.Sの最大の特徴と言っていい4輪操舵を非装着にするとともに、MT化や後席を廃止して2座に変更、ボンネットを炭素繊維強化樹脂にするなどにより約130㎏に及ぶ車両重量の軽減が図られている。さらに専用シャシーの採用や空力性能の見直しなども実施。また"カーボン・セラミック・パック"はフロント・ブレーキが炭素繊維強化樹脂製になるほか、同じく炭素繊維強化樹脂製のホイールが4本追加される。

世界での販売台数は500台。うち30台がカーボン・セラミック・パック付きとなる。日本への割り当てはそれぞれ47台と4台で、価格は689万円と949万円。残念ながらカーボン・セラミック・パックは抽選販売で、その申し込みはすでに締め切られているが、標準仕様は先着順なので、まだ買えるチャンスがあるかもしれない。

文=新井一樹(ENGINE編集部) 写真=宮門秀行