【1月24日 AFP】米ボストンの裁判所は23日、オピオイド系鎮痛剤への依存を全米にまん延させた一翼を担ったとして、アリゾナ州に本社を置く製薬会社インシス(Insys)の創業者ジョン・カプール(John Kapoor)元最高経営責任者(CEO、76)に対し、禁錮5年6月の有罪判決を言い渡した。米オピオイド危機で製薬会社の経営者が禁錮刑の判決を受けるのは、カプール被告が初。

 インシスは医師らに金銭を支払って、自社の製造販売する中毒性の高いオピオイド系鎮痛剤を必要のない患者にも処方させていたとされる。カプール被告はこのシステムをめぐり、インシスの元経営陣4人とともに共謀罪などで有罪と認められていた。

 フェンタニルを有効成分とするインシスのオピオイド系鎮痛剤スプレー「サブシス(Subsys)」はモルヒネの50~100倍の鎮痛効果があり、末期がん患者の激痛を軽減するとして認可を受けたが、高い中毒性がある。

 インシス経営陣はサブシスの販売促進のため、医療関係者に賄賂を贈る大規模なシステムを構築。2012~15年にサブシスの過剰処方や、本来その必要のない患者への処方を医師らに奨励していたとされる。

 賄賂は、サブシスの効用を高く評価する医療関係者向けセミナーで医師らが講演した際の「講演料」として支払われていた。支払われた賄賂の総額は1000万ドル(約11億円)超に上るという。

 インシスはまた、保険会社を欺いて薬代を患者に返金させる仕組みもつくり上げていた。サブシスのマーケティングにはラップ音楽を用いた販促ビデオなども活用。同社の事業報告書によると、サブシスの売り上げは2015年に3億2950万ドル(約360億円)に達していた。

 米疾病管理予防センター(CDC)によれば、全米ではこの20年間にオピオイド系鎮痛剤の過剰摂取で約40万人が死亡。2017年だけで約4万8000人が命を落としている。(c)AFP