【1月15日 AFP】2019-20アルペンスキーW杯は14日、オーストリアのフラッハウ(Flachau)で女子回転第5戦が行われ、ペトラ・ブルホバ(Petra Vlhova、スロバキア)が2大会連続でミカエラ・シフリン(Mikaela Shiffrin、米国)に勝利した。

 プルホバは2本合計で1分53秒65をマークし、アンナ・スベン・ラルソン(Anna Swenn-Larsson、スウェーデン)との争いを0秒10差で制した。シフリンは2本目にミスが出て、そこから0秒33遅れた3位だった。

 ブルホバはこれで種目通算7勝目で、W杯では通算12勝目。今季の総合順位でも、女王シフリンに次ぐ2位に浮上している。

 4季連続の総合優勝を狙うシフリンは、総合では273ポイント差、回転では80点差をつけてトップに立っている。しかしフラッハウで7回目の表彰台入りを果たしたものの、2大会連続でこの種目の優勝を逃すのは、ここ5年で初めてとなった。(c)AFP