【1月14日 AFP】(更新)中国中西部・青海(Qinghai)省の省都、西寧(Xining)で13日、路上に巨大な陥没穴が出現し、バス1台と歩行者らが転落、9人が死亡した。国営メディアが14日伝えた。

 現場で撮影された動画によると、陥没穴は病院前の道路に出現。バスは車体の半分が地面に沈み、残りが宙に突き出した格好となった。バス停にいた人々は崩れ落ちる道路から走って逃げたが、穴が拡大するにつれ、子どもとみられる人影を含む複数人が穴の中に消えた。動画には、穴の中で爆発が起きる様子も捉えられていた。

 国営中国中央テレビ(CCTV)によると、穴が出現したのは13日午後5時30分(日本時間同6時30分)ごろで、14日夜までに9人の死亡が確認された。中国国営新華社(Xinhua)通信は、16人が病院に搬送され、現場では捜索活動が継続中だと報道。新華社は先の報道で4人が行方不明と伝えたが、CCTVは14日夜の時点での行方不明者の数は報じていない。

 中国では陥没穴の発生は珍しくなく、建設工事や同国で急速に進んでいる開発が一因とされることが多い。

 映像はCCTV提供。(c)AFP