【1月14日 CNS】中国・青海省(Qinghai)西寧市(Xining)の南大街の長城病院前で13日、路面が陥没し、公共交通バス1台がその穴に落ちた事故。14日午前9時30分の時点で、行方不明となっていた10人の内、6人の遺体が発見された。

 同市新聞弁公室と緊急監理局は14日午前、3回目となる記者会見を開き「南大街路面陥没事件」の状況を説明した。14日午前9時30分時点で、15時間におよぶ捜索の結果、6人の遺体を発見し、現在身元の確認中。病院で治療中および経過観察中の負傷者16人(帰宅後気分が悪くなり家族と共に来院し検査を受けた人が1人増)の症状は落ち着いている。

 事故発生後、緊急車両約30台が現場に駆け付け、消防、公安などから約1000人の隊員が救援に参加。現在、捜索は続けられており、事故原因を調査中という。(c)CNS/JCM/AFPBB News