超都会的! キャデラックの新型SUV、XT6がアンベイルされ、白いボディを現したとき、心のなかでそう思った。スタイリングはシャープで、横長のヘッドライトと縦長のデイライトが特徴的なフロント・グリルは精悍である。

フルサイズSUVのエスカレードよりひと回り小さい。エスカレードや2017年に上陸したXT5よりデザイン装飾は少なく、むしろ、どんどんそぎ落としていき、エッジを立てたという印象がある。

20世紀のモダニズム建築家、ミース・ファン・デル・ローエは"レス・イズ・モア"と言ったけれど、クリーンなXT6の外観は極めてモダンだ。発表会場に東京ベイ・エリアが選ばれたのもXT6のイメージに合わせたのだろう。

室内はレザーとウッドのてんこ盛りで豪華。内装の質感も良かった。キャデラックはニューモデルを出すごとに内装のクオリティを上げていると思う。2ー2ー2の6人掛け、3列目のシートも我慢せず座ることができた。

プレゼンターを務めるのは、ゼネラルモーターズ・ジャパンの代表取締役社長、若松格氏である。

「キャデラックは2015年に発表した10カ年計画に沿ってブランドを刷新しています。現在はフェーズ2の段階で、お客様との深いつながり、ディーラーネットワークの拡充、ラインナップ、サービス体制の拡張という3つを展開中です」

10カ年計画は功を奏しており、販売は好調、2021年にはグローバルで55万台を目指しているという。また、半年ごとに新車を 発表すると豪語する若松氏によれば、XT6の次はひと回り小さいSUVのXT4を日本に導入するそうだ。

キャデラックのSUVラインナップをXT4、 XT5、XT6、そしてエスカレードと揃えることで、日本におけるブランド力をさらに高めたいという。

キャデラック、お前もか! テール・フィンのおもちゃに憧れた私などは、キャデラックと言えば、アメリカのフォーマル・サルーンというイメージがあるけれど、いまやSUVラインナップで勝負する時代なのである。

オールド・ファッションでない、大型サルーンでもないキャデラックはむしろ、過去のイメージを引きずらない若い人にウケるかもしれない。日本仕様は3.6リッターV6+9段ATで870万円。2ー2ー2の3列シート6人乗りとなる。試乗できる日が楽しみだ。

CADILLAC XT6

キャデラックXT6/全長×全幅×全高=5060×1960×1775mm。ホイールベース=2860mm。車両重量=2110kg。3.6リッターV6は最高出314ps/6700rpm、最大トルク368Nm/5000rpmを発生、9段ATを介し全輪を駆動する。
文=荒井寿彦(ENGINE編集部) 写真=小林俊樹