【1月6日 AFP】オーストラリア南西沖の人気ダイビングスポットで、男性1人がサメに襲われ死亡した。当局が5日、明らかにした。男性を襲ったのはホホジロザメとみられるという。

【編集部おすすめ】自撮りの死亡者数、サメの襲撃の約5倍 インドの医学誌

 ウエスタンオーストラリア(Western Australia)州当局は、男性が襲われたのは同州エスペランス(Esperance)に近いカル(Cull)島で、「ホホジロザメとみられるサメにかまれ、致命傷を負った」と発表した。

 地元のライフセービング団体は、亡くなった男性はダイバーだったとみている。

 サメに襲われて死亡した例は、オーストラリアでは今年に入ってこれが初めて。同域では3年ほど前にも、同様の死亡事故が起きている。

 2017年にはワイリー湾(Wylie Bay)近くで、少女(17)が両親の目の前でサメに襲われて片脚を失った。少女はその後水中から引き揚げられたものの、直後に死亡した。(c)AFP