【1月5日 AFP】19NFLは4日、プレーオフ1回戦が行われ、王者ニューイングランド・ペイトリオッツ(New England Patriots)は13-20でテネシー・タイタンズ(Tennessee Titans)に敗れた。

 タイタンズは両カンファレンスでラッシングの獲得ヤード数トップに立つデリック・ヘンリー(Derrick Henry)が、34回のランで182ヤードを獲得すると、1タッチダウンを記録。さらに試合終了間際には、元ペイトリオッツのローガン・ライアン(Logan Ryan)がインターセプトリターンタッチダウンを決めて勝利を決めた。

 本拠地でタイタンズに下克上を許したことで、ペイトリオッツで6度のスーパーボウル(Super Bowl)制覇を遂げているQBトム・ブレイディ(Tom Brady)のキャリアが終わりを迎える可能性がある。今季終了をもってフリーエージェント(FA)となる42歳のブレイディは、後半にチームを得点へ導くことができなかった。

 一方、ヒューストン・テキサンズ(Houston Texans)はオーバータイムの末に22-19でバッファロー・ビルズ(Buffalo Bills)を退け、準決勝進出を決めた。

 テキサンズのQBデショーン・ワトソン(Deshaun Watson)は自らのランとパスでタッチダウンを決めると、延長戦ではビルズの守備陣2人をいなしてパスを出し、タイワン・ジョーンズ(Taiwan Jones)の34ヤードのランを演出。これで敵陣残り10ヤードまで進んだテキサンズは、カイミ・フェアバーン(Ka'imi Fairbairn)が28ヤードの決勝フィールドゴールを蹴り込んだ。

 これでアメリカン・カンファレンス(AFC)の準決勝はボルティモア・レイヴンズ(Baltimore Ravens)対タイタンズ、カンザスシティー・チーフス(Kansas City Chiefs)対テキサンズの組み合わせとなった。

 ナショナル・カンファレンス(NFC)のプレーオフは5日、ニューオーリンズ・セインツ(New Orleans Saints)対ミネソタ・バイキングス(Minnesota Vikings)、フィラデルフィア・イーグルス(Philadelphia Eagles)対シアトル・シーホークス(Seattle Seahawks)の組み合わせで幕を開ける。上位シードのサンフランシスコ・フォーティナイナーズ(San Francisco 49ers)とグリーンベイ・パッカーズ(Green Bay Packers)は、翌週の準決勝が今プレーオフ初戦となる。(c)AFP