【12月3日 AFP】カタール1部リーグのアル・サード(Al-Sadd)を率いるシャビ・エルナンデス(Xavi Hernandez)監督は2日、2022年W杯(2022 World Cup)で開催国の同国が強い印象を与えるだろうと述べた。

 アジアサッカー連盟(AFC)が選ぶ年間最優秀選手を受賞したアル・サードのFWアクラム・アフィフ(Akram Afif)の代理として、香港で行われた年間表彰式に出席したシャビ監督は、今年の第17回アジアカップ(2019 AFC Asian Cup)で初優勝を飾ったカタール代表は次のW杯で「確実に」他のチームと張り合うだろうと話した。

 スペイン代表の一員として2010年のW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)を制したシャビ監督は、カタール代表について「彼らはとてもうまく機能していて、強豪国とも渡り合っていると思う」とコメントした。

「すごく良いチームで、監督も非常に優秀だと思うし、ピッチ上でよく組織化されている。とても良い世代を迎えていて、試合の中で違いを生み出すことができる選手が多い」「非常にうまくプレーしているし、2022年大会では確実に他のチームと張り合える」 (c)AFP/Talek HARRIS