【12月2日 AFP】ロシア・シベリア(Siberia)地方で1日、40人超を乗せた旅客バスが橋から凍結した川へ転落し、19人が死亡した。当局が発表した。

 事故はシベリア東部のザバイカル(Zabaikalsky)地方を流れるクエンガ(Kuenga)川に架かる橋で発生。

 スレテンスク(Sretensk)からチタ(Chita)へ向かっていたバスのタイヤが破裂し、道路から川へと滑り落ちたという。

 ザバイカル地方の知事室は「19人が死亡し、21人がさまざなけがをし、手当てを受けている」と発表した。

 また、ロシアの重大犯罪を捜査する連邦捜査委員会(Investigative Committee)は、交通安全規則に違反した可能性もあるとして捜査を開始した。

 映像はロシア非常事態省が1日撮影・提供。(c)AFP