【11月30日 Xinhua News】中国商務部の高峰(Gao Feng)報道官は28日の定例記者会見で、豚の飼育頭数の増加や冷凍豚肉の供給拡大、豚肉の輸入増などを背景に、11月初めから国内の豚肉価格が下落に転じていることを明らかにした。

 商務部のモニタリングによると、18~24日の全国36大・中都市における豚肉平均卸売価格は1キロ当たり43.7元(1元=約16円)で、11月初頭から16.5%下落したという。(c)Xinhua News/AFPBB News