【11月29日 AFP】南米ウルグアイで行われた大統領選挙で28日、中道右派・国民党のルイス・ラカジェ・ポウ(Luis Lacalle Pou)氏が勝利し、15年続いた左派政権が終わることになった。

 左派与党・拡大戦線のダニエル・マルティネス(Daniel Martinez)候補は、集計完了を待たずして、勝利の可能性は非常に低いと判断し、敗北を認めた。

 ラカジェ・ポウ氏は来年3月1日に就任し、5党連立の右派政権を率いることになる。

 今回の選挙結果は、外交政策の大きな変化を示している。右派新政権は、ベネズエラの野党指導者であるフアン・グアイド(Juan Guaido)国会議長を暫定大統領として認め、左派のニコラス・マドゥロ(Nicolas Maduro)大統領の正当性を認めない方針を明らかにしている。(c)AFP