【11月29日 AFP】2020年米大統領選挙に向けた民主党候補指名争いで、若きホープ、ピート・ブーティジェッジ(Pete Buttigieg)氏(37)が頭角を現している。インディアナ州サウスベンド(South Bend)の市長である同氏は、同性愛者であることを公表している。だが、米国は同性愛者の大統領を受け入れる用意があるのだろうか。

 ブーティジェッジ氏が今年1月、大統領選に出馬する意向を表明した時、サウスベンド以外で同氏の名前を知る人はほとんどいなかった。だが、アフガニスタン従軍経験を持つ退役軍人でもあるブーティジェッジ氏は今や、民主党候補指名争いの先頭集団に属している。この集団にはジョー・バイデン(Joe Biden)前副大統領やエリザベス・ウォーレン(Elizabeth Warren)およびバーニー・サンダース(Bernie Sanders)両上院議員が含まれている。

 選挙遊説にいつも同行するパートナーの中学校教師、チェイスン(Chasten Buttigieg)さんは、米国初のファーストジェントルマンとなる可能性が出てきた。

 ブーティジェッジ氏は、自身の性的指向について多くは語らない。だが、4年前に同性愛者であることを公表すると決意したことや、2017年にチェイスンさんと婚約したこと、また子どもを持つことについて、率直に語っている。

 2009年以降、6か国が同性愛者の指導者を選出している欧州と異なり、米国では性的少数者(LGBTQ)や女性の大統領候補にはいまだ壁が存在する。

 バラク・オバマ(Barack Obama)氏は2008年に米国初の黒人大統領に選ばれた。だが、オバマ氏以前に米大統領の職に就いた43人の白人男性の中で、同性愛者だと公表していた人物は一人もいない。

 同性愛者であることを公表した最初の大統領候補はフレッド・カーガー(Fred Karger)氏で、2012年に共和党候補指名を目指したが、実現しなかった。

 米国で同性愛者の候補を支援する「ビクトリー・ファンド(Victory Fund)」の代表アニース・パーカー(Annise Parker)氏によると、近年、とりわけ同性婚が合法化された2015年以降は、「LGBTQの候補者を取り巻く状況は劇的に変わった」という。