富士スピードウェイの本コースでWEC(世界耐久選手権)の予選が行なわれた10月5日、ショートコースでは、WECにもレーシング・カーが参戦するアルピーヌのロード・カー、A110を体験するエンジン・ドライビング・レッスンが開かれていた。この企画はエンジン7月号のホット100特集でアルピーヌが見事ホット1の座に輝いたのをきっかけに、「ぜひとも読者のみなさんにもこのクルマの走りを体験して欲しい」というアルピーヌ・ジャポンの声を受けて特別に実現したものだ。

参加したのは、2.5倍を超える応募者の中から抽選で選ばれた20名の幸運なエンジン読者たち。まずは自らの愛車で富士のショートコースを走る特別レッスンを受けた後、試乗車のアルピーヌで同じコースを2回走ることができるという盛り沢山な半日のプログラムとなっていた。

さて、ポルシェ・カレラGT、フェラーリ488ピスタといったスーパースポーツカーから、アルピーヌのライバルとも言えるポルシェ・ケイマン&ボクスター、アルファ4C、マツダ・ロードスター、さらにはミニやアウディA1まで、いずれもクルマ好きに違いないとわかる愛車に乗っておられる参加者たちのアルピーヌA110に対する感想はどうだったのか。その声をご紹介しよう。

一番多かったのは、なんといっても”軽さ”からくるハンドリングの良さと速さに対する好印象だ。「とにかく軽い。挙動が軽やか。加速が良い。排気音もそそります。スロットル・レスポンスもすこぶる良かった」(アルファロメオ・ジュリアにお乗りのYさん)/「軽さ、回頭性の良さ、意外と広い室内、色気のある内外装、どれも素晴らしかった」(マツダRX8のSさん)/「面白い&ユニーク、他にないライトウェイトスポーツ感覚。クルマの前後左右の動きが把握しやすく超コントローラブル。アクセルのつきも良く、ターボラグなし!まるでスニーカー感覚の楽しみ」(718ケイマンのIさん)/「軽く、パワーがあり、良く曲がる。このすべてが揃っており、とても楽しいクルマでした。特に曲がる時に感じる中心感覚は今まで乗ったどのクルマにもないもの」(メルセデス・ベンツSLCのKさん)/「クルマが軽く、とても楽しく走れました。ボディ・サイズも小さく、現代のクルマとしては良いサイズ感だと思います」(ポルシェ・カレラGTのKさん)

その”楽しさ”に一発で欲しくなってしまった人も多かったようだ。「想像を超えていました。バランス、軽さ、ブレーキング時の姿勢、ロールの仕方とスピード、人間の感覚にマッチした素晴らしいクルマです。欲しくなりました」(ミニのEさん)/「行きたいラインにのせられる。アクセルを踏むワクワク感を120%楽しめる。ここまで”楽しい”を体感できるクルマはそうないのでは。将来買います」(別のミニのEさん)/「エンジン・レスポンスが非常に良く、スポーティな割に乗り心地がいいのに驚いた。次のクルマの第一候補になりました」(ポルシェ・ボクスターのKさん)

全員の声が載せられなくて残念。みなさん、有難うございました。

講師はいつものエンジン・ドライビング・レッスンでお馴染みのトム吉田氏。今回の特別版では、コース歩行から始まって、座学、自分の愛車での先導車つき走行、そして同じく自分の愛車での3回のフリー走行を終えた後、試乗車のアルピーヌA110のコクピット・ドリルを受け、先導車つき走行を2回ずつ体験できるプログラムになっていた。

文=村上 政(ENGINE編集長) 写真=柏田芳敬